テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


普天間問題に関する日米共同声明を斬る
 本日、日米安全保障協議委員会(SCC)の構成員たる閣僚(岡田外務大臣、北沢防衛大臣、クリントン国務長官、ゲイツ国防長官)らによって、共同声明として発表された。
 本日の安保委員会理事会で共同声明文が配布され、午前9時からの同委員会で岡田外務大臣の説明を受けた。日米共同声明文を今しがた配布され、一読した段階なので、詳細の論点について論及できないが、現段階で日米共同声明を批判する。
 
1.日米共同声明は、沖縄を含む在日米軍の抑止力としての役割を共通認識し、日米同盟の深化をうたっている。

2.2006年5月1日の「再編の実施のための日米ロードマップ」に記された再編案の着実な実施を確認している。

3.普天間基地の移設先を「キャンプ・シュワーブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域」に新基地を造ると明記した。

4.辺野古への新基地の位置、配置及び工法については、2010年8月末日までに決定する。

5.米軍と自衛隊間の基地共同使用の拡大を検討する。

 その他、共同声明にはホテル・ホテル訓練区域の一部解除、2009年2月17日のグァム移転協定の着実な実施、嘉手納以南の基地返還の促進、嘉手納の騒音軽減への決着等が盛り込まれている。

 結論を言うと、私は本日の日米共同声明に断固反対である。沖縄に一層の基地負担を強いるものであり、絶対に容認できない。「国外、最低でも県外」と公約した鳩山総理。しかも、辺野古への新基地建設は「自然への冒瀆」と断言した鳩山総理。その鳩山内閣(3党連立だが)でこれらに反する日米共同声明を発出すること自体、容認しない。しかも、この日米共同声明は事前に社民党、国民新党には一切説明もなく、ましてや協議も同意もない。
 この日米共同声明には、社民党も反対である。社民党は一貫して普天間飛行場の閉鎖・返還と辺野古への新基地建設反対、「県外・国外」への移設を求めてきた。私と党の態度は一貫している。
 本日は、このあと臨時閣議、基本政策閣僚委員会が開かれるだろう。もちろん、そのような場で福島党首から反対の意志が明確に示されるに違いない。

2010年5月28日 11時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/483-6497677a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。