テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もはや連立離脱しかない
 昨日、社民党党首である福島消費者担当大臣が鳩山総理によって罷免された。福島大臣に辞任を求められる何らの理由もなく、ましてや罷免される理由も一切ない。批判され責められるべきは鳩山総理本人である。
 今回の“罷免劇”を多くの国民がそのように評価している事だろう。福島大臣“罷免劇”の始まりと終わりはこのように展開した。

 5月28日、日米安全保障委員会(SCC)普天間飛行場問題に関する共同声明が発表された。この日米共同声明の内容は、予めマスコミ各社が報道したものとほぼ一致した。日米共同声明では、普天間飛行場の移設先を「キャンプ・シュワーブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域」と明記することで合意した。なんのことはない、旧自公政権が推進した辺野古現行案への回帰である。
 社民党は一貫して普天間飛行場の閉鎖・返還と辺野古への新基地建設反対、「県外・国外」への移設をマニフェストに書き、訴えてきた。その意味において、福島大臣が辺野古への移設を明記した日米共同声明に反対し、閣議決定文書への署名を拒否したのは正しい判断である。
 間違っているのは、「国外、最低でも県外」と公言し、辺野古への新基地建設は「自然への冒涜」と断言した鳩山総理である。
 日米共同声明の問題点は、すでに昨日のブログに書いた。今日は、福島党首(大臣)の罷免を受けて、なお連立政権に残るべきか、連立離脱を決断すべきか、である。私は、もはや連立離脱をすべきだと考える。いや、連立離脱の選択しかない。罷免後の記者会見で福島党首は、「私は言葉に責任を持つ政治をしていきたい」「社民党と私は沖縄を裏切ることはできない。数々の犠牲を払ってきた沖縄の人達にこれ以上の負担を押し付けることに加担するわけにはいかない」等と述べている。
 その通りだ。連立政権に残るということは、沖縄を犠牲にし、沖縄を差別し、環境を破壊し、国民の血税でアメリカに新基地をプレゼントすることになる。なによりも社民党の公約に反し、理念と信義に反し、存在意義を失うことになる。
 連立政権の合意と信義を誠実に守ったのは、社民党であり福島大臣である。連立政権合意すら守らない政権にしがみついて得るものより、失うものがはるかに多い。もちろん、7月の参議院選挙に向け連立政権内の選挙共闘が進んでいた予定候補者にとっては、予期せぬ深刻な事態だろう。民主党の予定候補者も同じだろう。新たな事態に党を挙げて大至急対応しなくてはいけない。だが、参議院選挙だけを理由に連立政権を論ずると重大な過ちを犯す。社民党は消えてゆく。
 明日は、全国幹事長会議でこの問題を議論する。私と沖縄県連の考えは一致している。私の決意と覚悟は決まっている。

29日15時半
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/485-b9f2fec3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。