テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党の行方と政局の動向
 鳩山総理の辞任が確定し、小沢幹事長をはじめ党執行部全員の辞任も決まった。民主党は6月4日に両院議員総会で新代表を選出し、6月7日か8日に首班指名選挙を実施する予定のようだ。
 従って、終盤国会は、実質的に開店休業状態のまま会期を閉じることになろう。係属中の残り法案は、廃案か継続審議の運命をたどることになる。明日予定されていた衆院安保委員会も中止になった。まさに、政治の世界は「一寸先は闇」である。
 私は、鳩山総理の辞任が単に目前の参議院選挙対策、選挙目当てであれば、むしろ国民の強い批判を招くであろうと思う。選挙の”顔”にふさわしいとの理由だけで民主党代表が選ばれ、首班指名を受けて総理に就き、新内閣を造るのであれば、かつての自民党の手法と全く変わらない。
 テレビ各局は、次の総理候補に菅副総理、前原大臣などの名前を挙げて報道している。おそらく、民主党内で虚々実々の駆け引きが展開されるであろう。間近に迫った参議院選挙の結果や政権の枠組み問題もあり、しばらく政局の動向に注目せざるを得ない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/490-6875eb89



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。