テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「対米重視」か「沖縄重視」か
 菅内閣が本格始動した。今日の朝刊各紙が報道する各種世論調査で、内閣支持率、民主党支持率ともにV字回復している。菅内閣への期待値としての数字であろうと思われる。
 
 昼に、昨日の地元二紙が届いた。地元二紙を丹念に読んでいて気付いたことは、全国的な菅内閣への期待と沖縄から菅内閣への期待に著しい落差があることである。私は、社民党が連立政権を離脱し、野党になったやっかみや、嫌がらせ的に言うのではない。正直なところ、菅総理本人への期待はあろうが、菅内閣としての県民の期待はさほど高くない。県知事、市町村長、県選出国会議員、紙面に登場する県民のコメントからそれを強く察する。何故だろう。私は、核心は「普天間問題」にあると見る。

 鳩山前総理は、「普天間問題」で日米合意と閣議決定で5月末決着をした。その結果、鳩山前総理は辞任に追い込まれ、鳩山内閣は総辞職をした。その後に誕生した菅総理は、「日米合意と閣議決定」を踏襲すると明言している。普天間飛行場の辺野古移設を推進する外務、防衛、沖縄担当大臣らは、再任された。おまけにかつて官僚批判の急先鋒だった菅総理は、今では官僚をプロフェッショナルとして重要視する態度に一変している。菅内閣は、「普天間問題」についても、外務、防衛官僚らの意のままに辺野古移設を強行してくるであろう。

 菅総理も一応、「沖縄の負担軽減」は言うし、言っている。だが、「沖縄の負担軽減」は、旧政権(いや歴代政権)でも言われてきた。しかしながら、どの内閣でも実効性のある真剣な対応策は講じられなかった。菅内閣に沖縄が信頼を寄せ期待するか、どうか。それは、菅内閣が「対米重視」か「沖縄重視」かで決まる。

 私は主権国家として対等な日米関係は大事であると思っている。だが、私を含めて多くの県民は日米安保体制を越えて、日米同盟の深化をうたい、早々に「対米重視」の政治姿勢を表明した菅内閣に期待が冷めたのである。表紙を変え、目次も変わったが、中身は変わらない菅内閣に、沖縄は期待しない。

2010年6月10日 16時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/498-9d6e5dba



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。