テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


余りにも横暴な民主党の国会運営
 横暴すぎる。横暴極まりない民主党の国会運営だ。去る6月10日、夜9時20分からの与野党国対委員長会談で、民主党の樽床氏から(1)会期を1日延長し、14~15日に衆参における所信表明演説に対する代表質問、16~17日衆参予算委員会審議、(2)会期延長なしで、14~15日衆参代表質問、16日に党首討論のパッケージ2案が会期末の国会運営方針案として提起された。

 野党各派は、一致して(1)会期延長なしの党首討論での閉会に反対、(2)十分な予算委員会審議の日程確保を要求した。

 私は、社民党の立場として、予算委員会の審議時間が短い、小会派は党首討論に参加できない等の理由で2案いずれにも反対である旨を表明した。終盤国会は、予定通り6月11日に菅総理の所信表明演説、昨日は衆議院、今日は参議院で所信表明に対する代表質問が展開されている。

 ところが、与党(民主党)は、党利党略、公党間の信義を破り、横暴な国会運営に走り出した。何と昨日の与野党国対委員長会談で、6月10日の提案を反故にし、予算委員会も開かず、党首討論を行わず、明日(16日)通常国会を閉会とする方針に転じた。

 民主党は、荒井大臣の事務所経費問題、蓮舫大臣の秘書問題等の不祥事発覚の追及を恐れ、内閣交替を受けて当然に開くべき予算委員会での審議も一切せずに、参議院選挙に突入しようという卑怯な手段に出た。参議院選挙を目前にして、菅内閣の目指す国会のあり方、外交や安全保障、「政治とカネ」、普天間問題の行く方等を議論し、国民に選挙における判断材料を提供するのが憲政の常道である。

 衆議院における所信表明に対する各党代表質問を聞く限り、菅総理の政治理念や哲学、具体的な政策は不明である。かつて官僚を“大バカ者”と罵った菅総理も、今や官僚に取り込まれた感すら受ける。普天間問題にしても、沖縄の負担軽減(具体性は全くないが)を言いつつ、辺野古への新基地建設を強行せんとする矛盾した方策を沖縄に押し付けようとしている。

 たしかに、政権政党は、常に自己に有利に国会運営をし、選挙をやりたいと思うかもしれない。だが、民主的手法に反し、強引に党利党略で国会運営をやることは許されないのである。主権者たる国民は、民主党にもっともっと怒らなければならならい。国会が論争なき言論の府であっていいのだろうか。

2010年6月15日 11時3分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/502-74ebb60c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。