テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅総理 慰霊の日に何を語る
 沖縄は明日、戦後65年目の「慰霊の日」を迎える。1945年6月23日、沖縄戦における旧日本軍の組織的戦闘行為が終結した。この日、6月23日には「全戦没者追悼式」が激戦地であった糸満市摩文仁に開催される。
 
 明日の「慰霊の日」に菅総理が初来県し、「全戦没者追悼式」に出席するという。菅総理が悲惨な沖縄戦の戦没者に哀悼の誠を捧げるのを良しとする。
 
 地元二紙の読者欄には、日米合意で辺野古移設を決め、基地負担を強いる菅総理の追悼式典出席を厳しく糾弾し、反対する声も投稿されている。

 私が注目するのは、追悼式典出席後に菅総理と仲井真知事が会談する事である。会談の目的について6月21日の記者会見で、菅総理は、「(辺野古移設について)沖縄への理解を求めるスタートにしたい」と述べている。私は、「それは違う」と言いたい。

 「慰霊の日」は、全県民が深い悲しみに沈んでいるのだ。そして、悲惨な沖縄戦とそれに続く今日までのアメリカの軍事植民地的状況とその事を放置した日本政府に激しい怒りを覚える日である。いわば、戦後沖縄の米軍基地の犠牲と負担の原点となった「6・23」である。

 菅内閣は、日米合意に基づき、閣議決定通り普天間飛行場の辺野古移設を推進する方針である。しかも、その際、地元沖縄との「合意」ではなく「理解」を得る努力で済まそうというのだ。旧自公政権下で辺野古現行案を決めた場合ですら、地元沖縄との「合意」が前提であった。「合意」には、当事者間の意見の一致が必要となる。だが、「理解」は当事者の一方による勝手な判断だ。

 菅総理が明日の慰霊の日に来県し、追悼式典後の知事との会談をもって、地元沖縄の「理解」を得る努力を尽くしたとのアリバイにされたら困る。とんでもないと強く批判をせざるを得ない。

 「慰霊の日」に来県する菅総理の一挙手一投足に注目する。

2010年6月22日 15時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/508-dc2e28da



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。