テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄を含む離島の消費税をゼロに
 消費税の引き上げ問題で、菅総理の発言が二転三転と迷走している。どうやら、消費税問題が参議院選挙の大きな争点に急浮上した感がある。

 そもそも、消費税問題について、菅総理が「自民党が提案している10%を一つの参考にしたい」と発言をしたのは、唐突に聞こえた。民主党内で、10%の積算根拠について十分な議論があったとも思えない。さては、菅総理も財務官僚に取り込まれ言いなりになってしまったのか、とさえ思った。案の定、小沢前幹事長から強い批判がでている。その小沢前幹事長の批判を「大衆迎合的」と枝野幹事長が反論する。

 菅総理の消費税についての二転三転ぶりは、10%の消費税率に止まらない。消費税の引き上げを前提にした低所得者の負担軽減策についても迷走し、数字がくるくる変わる。もはや多くの国民は、菅総理の消費税を巡る発言(言葉)に信を失っている。一国の総理として余りにも無責任で言葉が軽い。これでは鳩山前総理の二の舞ではないか?強い疑念と不信を抱く。まさに消費税増額ありきだ。

 このように、消費税が参議院選挙の争点に急浮上する中で、社民党は昨日、緊急提言をした。緊急提言の中で消費税について「沖縄を含む離島の消費税をゼロに」との政策を打ち出した。世界的にも、離島を消費税ゼロにした国々がある。島嶼県沖縄のように、離島を多く有する日本にあって、「島」の景気・経済は厳しい。流通手段が限られる中で、ハンディが大きい。日本中の「島」が疲弊しているのだ。参議院選挙も後半戦に入り、沖縄では普天間飛行場問題と並んでの消費税問題が争点になる事は間違いない。

 選挙区の山シロ候補も自民党公認候補を厳しく追い上げている。後半戦、必ず追い付き、追い抜き、勝利するぞ。

2010年7月2日 14時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/518-ca20f7c5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。