テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真夏日が続き、参院選終盤へ
 ここ数日最高気温30度以上の「真夏日」が続いている。真夏日が続く中参院選も終盤選に突入した。昨日(4日)は、ラストサンデーとなり、各陣営が街頭で浮動票狙いの集票合戦となった。わが山シロ候補も街頭ポイント演説、個人演説会等を走り廻っている。私も候補者同様に走り廻る。
 
 今日は、早朝から企業の朝礼に出た。山シロ候補が離島の久米島に出かけているので、私一人で代わって挨拶し、支持を訴える。
 朝礼を終え選対本部長として地元二紙とテレビのインタビューを受ける。正直選挙戦の盛り上がりが弱い。投票率が低くなるのではと心配している。山シロ候補は、新人であり、知名度をあげねばならない。山シロ候補の力強い演説を聞き、誠実で情熱的な人柄、政策提言能力と沖縄の立場を訴える発信力に触れてもらうと支持拡大は間違いない。

 参議院選挙は政権選択選挙ではないが、有権者が政治をあきらめて投票行動を棄権してもらうと困る。投票率が高まれば知名度アップも計られる。

 沖縄では政権交代による基地問題解決への期待が裏切られ、失望が怒りへと変わり、政治不信と選挙へのしらけムードを作り出しているかも知れない。

 内閣支持率、政党支持率、投票先動向の各種世論調査も新聞、テレビ、週刊誌で大きく違いがあって判断に迷う。まあー、一喜一憂せず全力を尽くすしかない。
よく言われる選挙は投票箱のフタが閉まるまで努力するのが鉄則である。

 それにしても与党が安定過半数を制するのか、衆参ネジレ現象と連立再編はあるのか、消費税増税への国民の審判はどう下されるのか、民主党内権力闘争の再燃はあるのか、全て残り一週間で決まる。

 舌戦、攻防、明暗、当落は選挙につきものだ。ただ、沖縄の立場を日米両政府に示す結果にはしたい。そんな選挙をやり通すつもりだ。
                            15時45分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/520-c67f91db



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。