テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘉手納基地の爆音激化
 参議院選挙も終盤戦の追い込みに入り、各陣営の宣伝カーによる〝騒音〟、街頭演説による〝騒音〟も一層激しくなっている。私自身がその〝騒音〟源の張本人の一人なので多くの市民に申し訳なく、心苦しい。だが、選挙戦の〝騒音〟は民主主義のコストに思ってご理解を願いたい。
 沖縄で理解しえない、許せないのは〝騒音〟のレベルをはるかに越えた基地からの〝爆音〟である。7月6日付の沖縄タイムスによると嘉手納基地から発生する〝爆音〟が激化しているようだ。嘉手納基地の機能が強化され、常駐機の訓練による〝爆音〟に加え、外来機の飛来による〝爆音〟が異常事態にある事はブログでも再三再四書いてきた。

 米軍による基地運用が全てに優先し、「騒音防止協定」は守られず、騒音軽減はかけ声ばかりで実効ある対米措置は講ずることがない政府の無策で嘉手納基地周辺住民が苦しめられている。

 報道によると嘉手納基地の滑走路に近い屋良地区では6月に、人が不快に感ずる70デシベル以上の〝爆音〟が4,241回発生している。1日あたり平均140回以上である。常駐機のF15、F16戦闘機、F18ホーネット戦闘攻撃機、AV8Bハリアー垂直離着陸攻撃機及び外来機のF22Aラプター戦闘機の配備訓練が〝爆音〟の犯人のようだ。

 〝爆音〟だけでなく、悪臭(石油が燃えているような)もひどいらしい。〝爆音〟は基地周辺住民の静かな夜を奪うだけでなく、健康被害も与えている。
 「殺人的爆音」と形容される嘉手納基地からの爆音被害は深刻である。政府は、日米合意で嘉手納基地の騒音軽減を約束するが、空念仏、空手形で実効性の担保はない。怒りを持続し、爆音源撤去まで異議を申し立てて行くいがいにない。

 選挙の〝騒音〟で基地の〝爆音〟を撃つ。その為に山シロ候補の当選と社民党の躍進を期したい。(企業の朝礼で山シロ支援を訴え、選対に戻りブログを記す)
                           10時25分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/521-fc9337fa



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。