テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


参議院選挙三日攻防に突入―比例代表投票先社民党トップ―
 7月11日の参議院選挙開票に向け、いよいよ今日から三日攻防に突入する。各陣営の情報合戦も激化し、支持者の方々からマスコミ情報をき詳しく知りたい、との電話も頻繁に入る。マスコミ情報(分析)に一喜一憂する支持者の心理もわからぬではないが、私自身が細部の情報、情勢を知るわけではない。支持者には、山シロ候補の支持拡大と比例区社民党への支持をお願いするしかない。そのうえで、「あと一頑張り」の奮闘をひたすら絶叫する。
 さて、昨日(7月7日)の琉球新報に共同通信社との合同電話世論調査の結果が報道されている。それによると、沖縄県内の場合、比例代表で投票する政党や候補者を「決めている」「だいたい決めている」が52.6%、「まだ決めていない」が46%である。注目すべきは、投票先を決めた人の政党名で、社民党23.9%、民主党23.0%、自民党19.2%、公明党8.5%、共産党4.7%、国民新党1.6%の順になっている。全国的には、民主党27.3%、自民党19.2%、みんなの党8.2%、公明党6.6%、共産党3.7%、社民党1.9%である。
 
わが社民党は、沖縄では1位、全国では6位である。政党支持率でも沖縄では9.6%、全国では1.4%である。社民党に対する支持率、比例代表の投票先が全国に比べて沖縄で抜きん出て高いのは何故だろう。

 私は、普天間飛行場問題で一貫してブレず、「県内移設」反対、「県外・国外」への移設と閉鎖・返還の要求、辺野古への新基地建設反対を貫いた社民党の姿勢が県民の信頼と支持を得たと分析する。

 選挙区山シロ候補(社民、社大、連合推薦)の応援で全県を駆け廻っていると、罷免を覚悟で取り組んだ福島党首への共感の声も多く聞かれた。それだけに支持率と比例代表投票先の沖縄と本土(ヤマト)社会とのギャップにとまどう。沖縄ではアメリカの軍事支配下で闘った旧社会党時代から先輩同志の遺産もある。退職教師や軍離職者の方々、青年団OBの皆さんからの強い支持もある。

 それにしても、党全国連合が奮起して社会民主主義の政党、唯一の護憲政党として存在感を示し、国民から広く支持が得られる政党へ発展してもらいたいものだ。いや、一党員として、党所属の衆議院議員としてその為に全力を尽くす。

                                   10時51分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/522-4947c475



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。