テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主主義を踏みにじる暴挙
 いよいよ明日(11日)が参議院選挙の投開票日になった。一人でも多くの有権者が投票場に足を運んでもらいたい。そして、沖縄のワジワジー(怒り)の一票、政治を変える一票、沖縄の誇りとウチナーンチュの尊厳を賭けた一票を、選挙区は山シロ候補、全国比例は社民党へ投じてもらいたい。
 沖縄県議会6月定例会は、昨日の最終本会議で「米軍普天間飛行場移設の日米共同声明発表の見直しを求める」、決議・意見書を全会一致で可決した。決議はアメリカ大統領、在日米軍司令官ら宛、意見書は総理大臣・外務・防衛大臣ら宛である。
 普天間飛行場移設に関する日米共同声明が沖縄地元の合意もなく、民意に反するものである事は再三指摘した。県議会の決議・意見書も日米共同声明が「県内移設反対という沖縄県民の総意を全く無視するもので、しかも県民の意見を全く聞かず頭越しに行われたものであり、民主主義を踏みにじる暴挙として、また沖縄県民を愚弄するものとして到底許されるものではない」と激しく抗議する。
 更に、沖縄県議会は、「県民の生命、安全及び生活環境を守る立場から、政府及び米国政府が沖縄県民の思いに真摯に対応するとともに、日米共同声明を強く要求する」と結んでいる。

 決議・意見書は6月23日の沖縄全戦没者追悼式での菅総理大臣の「沖縄の基地負担に陳謝とお礼」表明や米国上下両院の「沖縄への感謝決議」に対しても、県民の思いを全く理解してない行為だとして厳しく糾弾する。
 
 私は、昨日の県議会決議、意見書を全面的に賛同し、支持する。明日の参議院選挙では「怒 138万人の本気」をキャッチフレーズに全県を駆け廻る山シロ候補を当選させる。
 今朝は、福島みずほ党首、山シロ候補と一緒に宜野湾市長田で朝立ち行動と街宣行動を展開した。投票箱のフタが閉まる一瞬まで全力を尽くす。これが選挙の鉄則だ。超短期の選挙戦、候補者も支持者も「本気」だ。

                                 10時08分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/524-d8046455



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。