テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全国基地爆音訴訟原告団連絡会議結成される
 違法爆音を許さず、基地のない日本を目指して――このスローガンの下、12月7日、全国基地爆音訴訟原告団連絡会議が結成された。騒音ではなく「爆音」だ。嘉手納基地、普天間基地、厚木基地、岩国基地、小松基地、横田基地等の飛行差し止め、横田基地公害対策の訴訟原告団や準備会で構成されている。
 私の場合、弁護士の一員として嘉手納爆音訴訟に加わり、今、原告として新嘉手納爆音訴訟団に加わっている。全国の米軍、自衛隊基地から暴露されている爆音被害は深刻であり、すでに司法の場で違法と断罪されている。
 それにも関わらず、爆音は放置され、違法状態は続いている。国は、爆音源を解消する責務を負っているが、防音対策で誤魔化そうと画策する。
 今日は、連絡会議のメンバーと外務省、防衛省の要請行動に参加した。連絡会議の皆さんからの悲痛な叫び、訴えに、両者とも誠意ある対応は全くみられなかった。いつもながら、どんな要請の場合も、真剣さを感じない。小役人的対応で腹が立つ。
 たかが爆音と言うなかれ、私は爆音はすぐれて人権問題でもあると考えている。日米安保、基地の運用、防音対策、時に「危険への接近」の法理を持ち出して爆音の違法状態を客観するだけの外務省、防衛省には呆れてしまう。それでも私は爆音被害で苦しむ全国の人たちと連帯して闘い続けたい。爆音問題ではたくさん言いたいことがある。今日は、昨日発足した連絡会議の結成宣言を引用する事のみにしておこう。

*****
 結成総会決議
 
 私たちは、全国にある基地から離着陸する米軍機や自衛隊機が及ぼす基地周辺住民への生活破壊を食い止め、爆音被害、墜落や部品落下などの不安を解消し、平和で豊かな生活環境、人間らしく生活できる環境を取り戻すために今日ここに「全国基地爆音訴訟原告団連絡会議」を結成した。
今日に至るまで幾度となく裁判闘争を闘い抜き、「爆音は違法」という判決を勝ち取ってきたが、私たちの苦しみは今なお続いている。
 一日も早くこの苦しみから解き放たれる日をめざして、いかなる困難があろうとも、今日ここに結集した嘉手納・普天間・小松・岩国・横田・厚木基地の爆音と闘う私たちは、より一層連帯を強め共に闘い続けることを確認した。さらに同じ苦しみを抱える全国の人々の戦いを支援し、私たちの闘いの和を広げ、静かな空を取り戻し、安心して暮らせる街、基地のない平和な日本を実現させるため全力で闘い抜く事を決議する。
 
 2008年12月7日
 全国基地爆音訴訟原告団連絡会議
*****
 政府は、声を聞き、しかと決議を受け止めよ!

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/53-84661d2b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。