テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クラスター弾禁止条約発効と沖縄基地
 今日(8月1日)、クラスター弾を全面禁止する条約(オスロ条約)が発効した。オスロ条約は、有志国や国際非政府組織(NGO)主導による「オスロ・プロセス」が結集し、国連主導の交渉枠組みの外でつくられた軍縮条約である。対人地雷禁止条約(オタワ条約)がそうだった。もちろん、日本もオスロ条約を批准している。
 兵器や軍事知識には乏しいが、雑誌や新聞報告を総合すると、クラスター(集束)弾とは、一発の親爆弾が空中から多数の子爆弾を撒き散らし、広範囲の標的を破壊する兵器のことを指す。第二次大戦、ベトナム戦争、イラク戦争などで使用されている。
 核兵器ではなく通常兵器だとしても、対人地雷同様に“悪意の兵器”である事は間違いない。もちろん、兵器はいかに効率的に人を殺傷するかを目的に開発されており、“良い兵器”などあろうはずがない。
 オスロ条約の主な内容は
(1)クラスター弾の使用、製造、開発、輸出入などの即時禁止
(2)現に保有しているものを8年以内に廃棄
(3)領土内で使われた残存弾は10年以内に除去、破壊すること
などとなっており、実質的な即時全面禁止措置である。
ところが、実に残念なことにオスロ条約は、米国、中国、ロシア、イラン、イスラエル、北朝鮮などの国々が署名をしていない。もっと問題なのは、沖縄の米軍基地との関連である。
 極東最大の空軍基地嘉手納には、岩国基地から飛来するFA18戦闘攻撃機が、クラスター爆弾を装着し、沖縄近海で投下訓練を繰り返していることが目撃されている。証拠写真も地元紙に掲載されている。
米国がオスロ条約に署名していないため、米軍は同条約の適用外になっている。一方の日本政府は、オスロ条約を批准するも、日米安保を理由に沖縄近海におけるクラスター弾投下訓練を許している。私は、安保委員会で嘉手納基地におけるクラスター弾訓練の事実、不当性を再三にわたり追及したが、政府は“知らない”“米軍に照会中”などと米軍に対し非人道兵器の使用禁止を求める姿勢は全くない。クラスター弾の使用、製造などの禁止は世界の流れであり、日本政府の態度は、その流れに逆行するものである。クラスター弾を装着したFA18戦闘機が住民地域上空を飛び交う基地沖縄の実情は異常である。オスロ条約批准国としての政府の責任は沖縄に及ばないとでも思っているのか。全く腹立たしい。

1日 11時12分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/542-c1c3a8c4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。