テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄県知事選挙と官房機密費
 官房機密費とは、内閣官房機密費のことだ。正式名称は、内閣官房報償費である。報償費というより、機密費がピッタシである。

 来る11月28日は、全国が注目する沖縄県知事選挙が予定されている。現段階で、現職の仲井真弘多知事と伊波洋一宜野湾市長の事実上の一騎打ちになると思われる。今日は、県知事選挙に向けての焦点や動きについては触れない。今日は、沖縄県知事選挙と官房機密費について書くことにしよう。
 
 琉球新報の7月31日付、8月7日付の「佐藤優のウチナー評論」に、「沖縄と官房機密費」と題する上下2回の連載があった。同連載記事の中で、佐藤氏は、1998年の沖縄県知事選挙で3億円の官房機密費が保守系の稲嶺恵一陣営に使われたことを紹介している。佐藤氏は、これらの事実について、テレビで曝露した衆議院外務委員長・鈴木宗男氏との直接のやり取りやTBSホームページを引用して評論している。

 実は、大田昌秀(元知事、元社民党参議院議員)が新人の稲嶺氏に敗れた知事選で、3億円の官房機密費が使われた事は、「公然の秘密」として当時から語られていた。直後に受け取った人を特定した新聞もあった。佐藤氏の評論にも書いてある通り、稲嶺氏は「お金にはまったくタッチしてないし、そのようなことはまったく知らない」とコメント(否定)している。その点、真相を聞いた佐藤氏に、鈴木議員は「稲嶺さんがそんなことを言っていると天国にいる小渕さんが知ったら悲しむよ」と言ったらしい。

 鈴木宗男議員が「権力の中枢にいて、私は感覚が麻痺していた。反省している。」としてテレビで暴露した事についても、「機密費について、これ以上話すな。鈴木さんのためにも、日本のためにもならない」と助言と脅迫が入り混じった声が多数寄せられている、というから驚きである。

 内閣官房機密費は、年額12億円、そのうち3億円が沖縄の県知事選挙で使われた。鈴木氏の証言、佐藤氏の評論を総合すると、外務省の外交機密費20億円から官邸に上納された裏金から支出された可能性も大きいようだ。

 内閣官房機密費が知事選に使われる事は、選挙の買収であり、民主主義を破壊するものである。到底許されない。選挙は、政策で争い、民意を問う物でなければいけない。政権党が使途が公開されない機密費を使って選挙を歪めることがあってはならない。

 昨年8月31日、歴史的な政権交代が実現した。ところが、当時の河村健夫官房長官(自民党)が9月1日に2億5千万円の官房機密費を引き出し、国会議員らに配ってしまった。その事ですでに詐欺と背任罪容疑で告発されている。東京地検特捜部も動きだした。ところが、民主党政権の仙石由人官房長官は、機密費を選挙に使うことについて、明確に否定も肯定もしない。11月28日の沖縄県知事選挙でも内閣官房機密費を使うつもりなのだろうか。

2010年8月9日 13時05分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/550-f11c32ca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。