テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わが国は経済大国か借金大国か
 元来数字に弱い。数学的思考に弱く、いわゆる理系ではない。いかに数字に弱いとて、わが国の借金が904兆772億円に達したという事実には、驚いてしまう。財務省が8月10日発表したところによると、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高(借金)が6月末の時点で、904兆772億円となり、900兆円の大台を突破したようだ。

 904兆円の借金は、2009年度の名目国内総生産(GDP)476兆円の約1.9倍、国民(2010年7月、約1億2742万人)一人あたりの借金は、約710万円に上る計算らしい。わが国は経済大国、と浮かれている間に、米国やドイツなどを大きく引き離し、先進国の中でもトップグループの借金大国になってしまったらしい。

 私は数字に弱く、経済・財政問題の知識も乏しい。経済の専門家や評論家がわが国の借金膨張の原因を「経済対策のための国債の大量発行と景気低迷による税収減、だと説明しても、原因は分かるが有効な対処策を問われると、ズバリ答えられない。

 借金大国の日本にとっての「財政健全化対策」については、やるべき策について私なりの考え(意見)はある。全くないと政治家として落第だ。もちろん、私が考える策が唯一正しいなんて毛頭思っていない。チャンスがあれば議論に加わりたい、との程度である。

 秋の臨時国会まで束の間の夏休み、宿題としてわが国の借金について勉強することにしよう。

2010年8月11日 10時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/552-0c9aca6c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。