テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国会議員の夏休みと「勉強会」
 社民党九州ブロックの「政策研究集会」出席のため、昨日の夕方から福岡に来ている。研究集会は今日の午後からだが、昨夜は友人と会い、夕食を共にしながら近況を語り合った。
 国会は夏休みである。昨年夏は、政権交代を懸けた解散総選挙があり、夏休みもなく、ゆっくり読書もできなかった。沖縄では、今年も来月12日に統一自治体選挙とも呼ぶべき、ほとんどの市町村議員選挙があり、事務所開き、総決起集会への参加など応援に飛び廻っている。それでも、今年はつとめて読書による”充電”に心掛けている。
 マスコミ報道によると、国会議員の「勉強会」が盛んなようである。1995年に参議院議員に当選した頃は、「勉強会」を開き「国会議員も結構まじめに勉強するな」と素直に思っていた。どんな講師を招き、どんな教材で勉強しているんだろう、と関心も示したものだ。
 ところが、段々と判ったことは、「勉強会」が与野党を問わず、派閥の会合、グループの意見交換会、党内権力闘争の密談の場であるという実態であった。同じようにマスコミで報道される政治家の「講演」は、ほとんどが集会における演説、単なるスピーチだということも判った。
 ところで、ここ2~3日のマスコミ報道を総合するに、来月14日の代表選挙を見据えて民主党内の派閥やグループによる「勉強会」が盛んに開かれているらしい。野田財務大臣のグループ(花斉会)、小沢前幹事長側近グループの「勉強会」の模様がテレビで放映されていた。私は、権力を目指す政党内での「勉強会」を否定しないが、願わくば国民のための政策について勉強してほしい。単なる党内での権力争い、ポスト争いの場にしてほしくない。
 さて、わが社民党の「政策研究集会」という名の「勉強会」は、いったいどんな勉強をするのだろう。いまや、衆参10名の国会議員の社民党に党内権力闘争をするエネルギーはない。私自身、2003年の入党いらい言うべきは言ってきた。もはや、言うエネルギーもない。党の役職に関心もなく、党改革の意欲もない。やるだけの能力もない。無責任だとの批判は甘受する。やりたい意欲と能力のある人がやればよい。
 今は自分流の勉強を静かに続け、護憲と社会民主主義の理念をこの党に求めていきたい。(見届けたいか)ただ、今は沖縄に生き、沖縄に拘り、沖縄の現実とヤマト社会の位相の中で、社民党の存在意義について悩んでいる。
 ボチボチ、「勉強会」=政策研究集会に出かけるとするか。


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/557-f29414c2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。