テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米国のOBAMAと日本のOBAKA
 茶化すつもりは毛頭ない。揶揄するつもりでもない。単なる非難、中傷でもない。私の本音である。米国の時期大統領のオバマさんと日本の首相のオバカさん。先日開いた退職教師らによる「テルヤ寛徳と語る会」では、「アソーではなく漢字の読めないアホーだ」と評する方もおられた。
 麻生内閣の支持率が半減・急落し、もはや起死回生の策もなく、“死に体”状態のまま立ち往生している始末だ。それでも麻生首相は虚勢を張り、笑顔を作ろうとするが、顔は引きつっている感を受ける。
 アメリカ発の金融危機に伴う不況の風は、年の瀬とともに強まるばかりだ。中小零細企業の倒産、正規労働者と期間従業員の解雇、派遣切り、大学生・高校生の採用内定取消し等、雇用問題も深刻だ。「政局よりは政策」と豪語し、「経済の麻生」を自称しながら第二次補正予算案も提出せず、解散も政策も先送りした事に対し国民から総スカンを食らっている。今となっては臨時国会冒頭解散をやっておけばよかったと悔やんでいるのではなかろうか。「経済不況」と「政権不評」、これは私が今日思いついた造語だが、現下の麻生首相率いるわが国の現状は悲しい。
 それにしても、派遣切りや期間従業員の雇い止めは深刻だ。職を失うだけでなく、企業の寮を追われ、その日のうちにホームレスになる可能性も大きい。政治による緊急対策が必要だ。派遣労働者の雇用保険の充実と手続きの簡素化、職を失った非正規労働者の生活支援、企業による不当解雇や採用内定取消しに、法規制と救済措置など、実効ある取り組みが大事だ。働く意欲があって仕事がないことほど辛く、苦しいことはない!三代世襲議員の麻生首相には、そんな気持ちも理解できないのだろうか。
 12月18日号の週刊新潮の特集記事では、踏襲(とうしゅう)をフシュウと誤読する麻生首相率いる政権には「“死に体”の腐臭が・・・」と書いてある。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/56-16fc4bd5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。