テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“尻拭い”はキチンとやれ
 「適切な表現ではない」とのお叱りは覚悟している。私は表現力が乏しいのか、それとも口が悪いのか、つい怒りにまかせて本音をしゃべってしまう。

 今日、沖縄防衛局に要請に行ってきた(要請文を末尾に掲載する)。その際、“尻拭い”はキチンとやれ!と怒鳴ってしまった。2003年に返還された米軍キャンプ桑江北側(北谷町)の返還跡地で米軍施設の廃材から、アスベスト、鉛などの有害物質が検出されていた事が判明した。しかも沖縄防衛局は、今年3月にこれらの事実を知りながら、地元北谷町や地主会、沖縄県に全く報告していない。防衛本省にすら詳細を連絡していなかったらしい。

 現行の日米地位協定上、返還運用地の現状回復義務は米軍にはなく、日本政府が負っている。米軍が汚染して“尻拭い”を日本政府にやらせる。日米両政府の適切な対策が講じられず、結果的に“尻拭い”の被害は、地主や自治体、住民に及ぶ。たまったものではない。

 今日の要請には、瑞慶覧功県会議員、照屋正治町会議員が同行した。3名で、アスベスト、鉛を含有する廃材の早期処理・撤去と使用収益が遅れる地主への補償等を強く求めた。

*****
2010年8月26日

沖縄防衛局長
真部 朗 殿

衆議院議員   照屋 寛徳
沖縄県議会議員 瑞慶覧 功


要 請 書

 米軍キャンプ桑江北側返還跡地における防衛省発注の土壌汚染調査で、敷地内の廃材からアスベスト(石綿)が検出されたにもかかわらず、係る事実を防衛省が約5ヶ月にわたって北谷町や沖縄県に連絡していないことが明らかになった。
 
 返還跡地からアスベストなど汚染物質が検出された場合、速やかに関係自治体に連絡のうえ地域住民に周知徹底するのが防衛省の責務である。今回の防衛省の対応は、不適切かつ怠慢であったと批判せざるを得ない。県民との信頼関係を損なう行為であり、深い自省を促すものである。
 
 米軍施設絡みの汚染物質が、地域住民の健康や返還軍用地の跡地利用に悪影響を及ぼすことは過去の例からも明らかだ。沖縄では、米軍施設絡みのアスベスト検出がたびたび社会問題となっている。昨年4月にも、キャンプ瑞慶覧内の工事廃材として民間地域に持ち込まれた廃棄物からアスベストが検出されたばかりである。また、今回同様2003年にキャンプ桑江北側返還跡地で有毒物質ポリ塩化ビフェニール(PCB)の使用が疑われる安定器(コンデンサー)338個が見つかった際には、地域住民を不安に陥れ、跡地利用の弊害となった。
 
 防衛省においては、本件アスベストの検出結果を早急に北谷町や沖縄県など関係自治体に連絡・説明するとともに、アスベスト混入廃材の迅速な処理・撤去を行うよう強く要請するものである。
*****

2010年8月26日 12時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/564-536e4da7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。