テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「民主党台風」の行く方
 強い台風7号は、2004年9月以来、6年ぶりに沖縄本島を通過し、本島北部を直撃した。昨日は、予約していた飛行機も飛ばなかった。そのせいで、今朝の野党国対委員長会談を欠席する。
 
 台風7号による被害者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。また、沖縄観光を楽しみ、今日からの始業式や出社に間に合うようにプランを立てたが、台風襲来により、予定が狂った皆さんにも「デージヤタンヤーサイ(大変でしたね)」と声をかけたい。わが家でも、帰省中の孫らが上京できず、台風の自然体験学習となった。

 さて、昨日のブログでも書いたように、台風7号は遠ざかったが、「民主党台風」は吹き荒れ、勢力を増しつつ、日本列島を縦断中のようである。昨日は、台風7号の影響で外を出歩けず、家に居て、テレビから放映される「民主党台風」の情報に釘付けになった。この「民主党台風」は、党分裂の危機もはらみながらも、実質的な総理が台風一過後に決まるとあっては、無関心ではおれない。「民主党台風」の発生によって、トロイカ体制はあっけなく倒壊した。挙党体制だって、どうなるか予測不能だ。

 自然現象たる台風常襲地域の沖縄、特に米軍基地が集中する本島中部に住むものとしては、普天間飛行場を「県外・国外」へ吹き飛ばす猛威(政策)をふるう「民主党台風」が日本列島中に吹き荒れてもらいたい。

2010年9月1日 9時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/568-b5137fe8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。