テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅首相再選で普天間はどうなる ーヤマトとウチナーの民意の乖離ー
 昨日の民主党代表選挙で、菅総理が小沢前幹事長に大差で勝利し、再選された。すでに昨日のブログでも書いたように、菅総理は党員・サポーター票のポイントで圧勝し、国会議員票のポイントでは両者拮抗状態、小差で菅総理が勝った。

 党員・サポーター票も、ポイントでは菅総理圧勝だが、総得票数では、菅総理の137,998票に対し、小沢氏90,194票でそんなに大差というわけではない。

 民主党代表選の結果については、いろんな見方があると思う。その中で、党員・サポーター票(ポイント)と国会議員票(ポイント)の乖離を指摘する意見があるが、全国の党員・サポーター票(ポイント)と沖縄の乖離も大きい、と指摘せざるを得ない。沖縄では1区から4区まで全選挙区で小沢氏の得票(ポイント)が多い。沖縄に関する限り、態度を表明した二人の国会議員を含め、党員・サポーター票も小沢氏が圧勝した。

 沖縄では「日米合意踏襲」「辺野古移設推進」の菅総理よりも、「対等な日米関係」「辺野古移設見直し」の小沢氏を支持する県民(民主党員・サポーターだけでなく)が多かった、と思う。菅総理は、再選後の記者会見で、普天間問題について「日米合意を踏まえ、沖縄の負担軽減に全力を尽くす」と語った。白々しくて聞いておれん。「・・・沖縄の負担軽減に全力を尽くす」といわれても、菅内閣がこの間やった事は、辺野古移設を容認させる為の「懐柔と恫喝」であった。「・・・全力を尽くす」と言っても誰も信用しないし、期待しない。だからこそ、私も多くの民主党員・サポーター、県民も、小沢氏に「5%の希望」を賭けたのである。
 
 もちろん、総理を選ぶ基準は普天間問題だけではない事は承知している。だが、ヤマト社会の民意とウチナー社会の民意との乖離、両者の越え難い溝も民主党代表選でもはっきりした。嗚呼!

2010年9月15日 16時03分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/582-50fe6759



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。