テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「政権交代」から1年、政治はどう動く
 9月16日で歴史的な「政権交代」から満1年を迎えた。この間、社民党も野党から3党連立政権の与党へ、そして連立を離脱し、野党に戻った。
 当然ながら社民党と共に私の国会議員としての立ち位置も変わった。もっとも沖縄選出の国会議員の立場からは、常に政府(権力)からは野党的立ち位置にあるのだが・・・。それは悲しいかな、政府からの沖縄差別という権力構造故の宿命なのかもしれない。

 さて、「政権交代」1年を目前に、巨大与党民主党の代表選挙があり、菅総理が大差で再選された。
 今日の朝日新聞朝刊に、同新聞社が14日、15日の両日に実施した緊急世論調査(電話)の結果が記事になっている。これによると、菅総理が小沢前幹事長を大差で退け再選されたことを「よかった」とする者が72%、「よくなかった」する者が12%で、世論でも圧倒的な開きである。一方で、菅総理の続投で「政治がうまく進む」とする者は28%、「うまく進まない」とみる者が38%で上回っている。どうやら菅総理の勝利を肯定的に評価する国民は、菅総理の政権運営には厳しい見方をしているようだ。
 では、「政権交代」1年、再選を果たした菅総理の下で政治は、国会はどう動いていくのか?注目の党役員人事で新幹事長の選任も難航しているようだ。今日と明日、関心をもって様子見するとしよう。

 その間に沖縄では、11月の知事選に向けて大きな動きがあった。仲井真現知事が昨日パーティーで立候補を表明した。これで現職とイハ洋一宜野湾市長(社民、共産、社大推薦)との事実上の一騎打ちの構図となるであろう。菅氏対小沢氏の民主党代表選挙以上に激しい、天下分け目の選挙戦になると思われる。
 国会も地元も超多忙な秋になるぞ!どういうわけか、選挙になるとムチャクチャ元気になる。


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/583-3efebbd4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。