テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検察官の犯罪に怒り-悪質な証拠品変造が発覚-
 9月21日付朝日新聞朝刊(一面記事)を読んでおったまげたね。そして、強い怒りと検察官による犯罪に恐怖すら覚えた。正義の見方・検察はどこかに吹っ飛び、検察によって事件が意図的に造られるという疑念すら強く抱いた。
 厚労省元局長の村木厚子氏の一審無罪判決については、先日のブログでも書いた。今朝の朝日新聞は、村木氏が訴追されていた郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件で、大阪地検特捜部の主任検事が、証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)を改ざん(変造)した疑いが濃厚になった、と報じている。
 なんと、事件の核心となる村木元局長の部下で偽の証明書を発行した上村勉被告宅から押収したFDの内容を、主任検事が改ざんしたというのだからおったまげる。しかも、FD内の偽の証明書の最終更新日時「04年6月1日午前1時20分06秒」を「04年6月8日午後9時10分56秒」へと特捜部が勝手に描いた事件の構図に合わせて、重要証拠品を改ざんしたのである。
 大阪地検の事情聴取に、改ざんした主任検事は「誤って書き換えてしまった」と説明しているようだが、そんなの責任逃れの嘘っぱちに違いない。現に、朝日新聞の取材に対し、大阪地検関係者が「主任検事が『捜査の見立てに合うようにデータを変えた』と話した」とも報じている。要するに主任検事は、同僚検事らには改ざんを認めて、正直に告白しているのだ。いや、自慢げに話したのかもしれない。
 主任検事は、村木元局長にとって明白な無罪証拠をなぜ改ざんしてまで免罪で苦しめようとしたのか、全く理解できない。その真相は徹底的に解明されねばならない。当の村木氏も「・・・悪質で、心の底から怖さを感じる」とコメントしている。(9月21日付朝日新聞)
 日本の検察は、ここまでダメになってしまったのか。この件は、単なる検察の暴走との批判では収まらない事件、明白な犯罪である。本件を曖昧にすると、わが国の刑事司法は崩壊する。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/587-bcffe2df



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。