テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社民党公認・推薦候補 全員当選
 沖縄の統一地方選挙(県議と一部市町村議を除く)で、社民党公認・推せん候補17名が全員当選した。

 沖縄の統一地方選挙は、昨日の投開票のうるま市議選で終わった。二週間前の統一選挙前段までに、うるま市以外での社民党公認・推薦候補が全員当選していた。うるま市は私の地元(衆議院選挙区は別)でもあり、保守市長を推し、保守が強い地域なので心配していた。結果は、公認・推薦3名が当選、政治的志を同じうする応援した5名の革新無所属候補も全員当選した。

 私の居住する赤道区から、仲程孝公認候補が初当選し、赤道区には社民党の市議、県議(照屋大河)、国会議員が揃った。一つの自治会に同一党の市議、県議、国会議員が揃ったことは誇らしい。「旅姿三人男」ならぬ「社民党三人男」誕生である。嬉しい。

 選管の当落発表があったのは、今朝未明(午前2時過ぎ)であった。党推薦の東浜光雄候補の当落がギリギリまで決まらず支持者の皆さんと開票を見守った。こんなに遅くまで開票を見守ったのは、自分でも経験したことがない。とまれ、東浜候補も当選した。バンバンザイだ。

 うるま市議選では、新人10名が当選、現職9名が落選した。民主党は玉城デニー衆議院議員の地盤だが、公認候補はおらず、推薦候補3名のうち2名が落選した。鳩山政権時の勝連沖埋め立てによる巨大新基地建設案浮上の際、何らの反対運動も組織しえなかったことに対する市民の拒絶が原因の一つと考えられる。市民はちゃんと見ている。

2010年9月27日 9時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/592-764ab9a3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。