テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尖閣列島わったーもの
 作詞が元沖大学長の新屋敷幸繁、作曲は自称コザ独立共和国大統領の照屋林助の唄に「尖閣列島わったーもの」というのがある。「わったーもの」とは沖縄方言で「我々のもの」という意味である。まさに、いま問題になっている尖閣諸島が沖縄のもの、琉球のものと領土権を主張する歌詞になっている。
 私は、照屋林助、照屋政雄が歌っているのをラジオで聞いたことがあり、記憶の淵にこびりついていた。30年以上前のことである。
 実は、明日の予算委員会で尖閣問題の集中審議があり、質問に立つ予定である。そこで昨日、急遽島唄の関係者にあたったところ、当時歌っていた照屋政雄氏にたどりついた。同人に会って譜面を頂戴し、三味線を弾き、歌ってもらった。
 新屋敷幸繁氏がどのような思いを込めて作詞をしたのかは知らない。作詞・作曲のご両人とも亡くなられ、歌っていた照屋政雄氏から経緯を聞き出すことができた。
 尖閣諸島がわが国の領土であることは、国際法上も明確である。行政区域としては石垣市に属している。従って、石垣の漁業従事者であるウミンチュー達は第一の当事者である。
 沖縄県議会も9月28日の本会議で「尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する抗議決議」を全会一致で採択している。
 明日の予算委員会では、漁民の安全操業と安全航行の確保に対する政府の対応と措置についても質してみよう。尖閣諸島がわが国の領土になった時期についても。


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/593-9c1a6427



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。