テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現実化したオスプレイ配備計画
 米海兵隊の次期主力機となる垂直離着陸機MV22オスプレイの配備問題に関しては、再三にわたり、くどい程国会でも追及しブログにも書いてきた。今朝(10月1日)の沖縄タイムスには、政経部・吉田伸記者の解説を含めた記事が大きく報道されている。
 記事によると、米海兵隊はオスプレイの運用部隊を米ミラマー基地で発足させ、2012年10月に普天間飛行場に配備する「2001会計年度海兵航空計画」を公表したようだ。同時に、普天間飛行場の代替施設計画の遅れや中止された場合を想定し、米軍予算で普天間飛行場への駐機場建設や滑走路、路肩の整備などを計画していることも判明したようだ。
 オスプレイは開発段階から墜落事故が続発し、「未亡人製造器」「欠陥機」「黒い怪鳥」との異名をもち、悪評が高い。私は、危険な欠陥機オスプレイの配備に断固反対する。宜野湾市民をはじめとする沖縄県民もそれを許すまい。
 オスプレイ配備については、米側の計画を承知しておりながら旧自公政権も現民主党政権も容認をし、配備の事実を隠蔽してきた。そのこと自体が許せない。沖縄を差別し、犠牲を強要する態度に腹が立つ。
 米海兵隊が公表した前記計画によると、2012年10月に第561中型ティルトローター中隊、2013年4月に第562中隊、ぞれぞれの中隊に12機ずつ計24機のオスプレイが配備されるという。
 オスプレイは、イラク戦争で実戦配備され、今年4月にはアフガニスタンで墜落している。公表された米海兵隊のオスプレイ配備は、明らかに普天間基地の機能強化を図るものである。
 これまで私や社民党は、一貫して普天間飛行場の閉鎖・返還、「県外・国外」への移設、辺野古新基地建設反対を求めてきた。これからも声をさらに大にして国会内外で追及していく。宜野湾市民をはじめとする沖縄県民の頭上にオスプレイを含む米軍機の墜落の恐怖が現実のものとならないよう闘い続ける。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/595-184807cb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。