テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


基本的人権は人類普遍の価値
 2010年のノーベル平和賞に中国の民主活動家劉暁波氏の受賞が決まった。劉氏は現在獄中にあり、ノーベル平和賞受賞の事実も知らされていないという。何という理不尽だ、怒りを覚える。劉氏の受賞理由は、長年に及ぶ中国での基本的人権確立のための、非暴力闘争への貢献と功績である。
 私は、基本的人権は人類普遍の価値だと信ずる。かつて沖縄がアメリカの軍事支配下にある時、様々な基本的人権の侵害があった。沖縄の多くの先人達がアメリカの弾圧に抗して、基本的人権確立のために闘った苦難な歴史を覚えている。私などもアメリカの軍事支配下における人権侵害を目撃し、それに怒り、政治の道を志した。ウチナーンチュの尊厳回復を未だに求め続けている。
 劉氏は、1989年に中国で民主化運動が起こると、米国から帰国し、投獄を繰り返されながらも国外脱出せず、ペンの力で民主化を訴え続けたといわれる。その不屈の精神は、まさにノーベル平和賞に価する。
 中国政府は今回の劉氏のノーベル平和賞受賞を喜んでないようだ。そればかりか中国外務省は「平和賞への冒涜」などと理解不能な批判をする。挙げ句、NHKなど外国テレビの平和賞受賞ニュースの放映中断までやっているようだ。全く信じられない。中国は今や国内総生産(GDP)で日本を追い抜き、世界第2位の経済大国である。経済大国になっても人権後進国であっては、世界から信用されまい。中国が基本的人権を人類普遍の価値として承認し、民主化運動(非暴力)への弾圧をやめない限り、正しい理解は進まないと考える。
 劉暁波氏のノーベル平和賞の受賞を心から祝福申し上げたい。

10日15時10分


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/601-be5c2824



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。