テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近付く沖縄県知事選挙
 沖縄県知事選挙は、11月11日の告示まで1カ月を切った。いよいよ天下分け目の大決戦が間近に迫ってきた。県知事選挙は、現職の仲井真氏と新人で宜野湾市長の伊波氏との事実上の一騎打ちになるものと思われる。両氏以外の第三極の候補擁立の動きもあるが、私は困難だと判断する。

 私もイハ洋一選対の共同代表の一人に選ばれたので、責任の重大性を自覚し、必死に責任を果たしたい。去る10月10日には、イハ洋一氏の地元である宜野湾嘉数区の選対事務所開き、決起集会に参加し、檄を飛ばし、協力をお願いした。地元の支持者は燃えている。老人会のオジィ、オバァもパワー全開だと感じた。

 そのような状況下、10月9日の琉球新報で民主党本部の渡辺周選対本部長が民主党沖縄県連の県知事選方針の普天間飛行場の「県外・国外」への移設要求に対し、「将来」との文言を挿入するよう求めたとの記事を発見した。
 
 よその党の県知事選挙方針をとやかく言うつもりは毛頭ない。だが、民主党・渡辺選対委員長が、普天間飛行場の「県外・国外」移設を「将来」の文言挿入で誤魔化されるほど、沖縄県民はお人好しではない。普天間基地の危険性は、一刻も早く除去されねばならないのだ。普天間問題への解決は「将来」ではなく、直ちに着手しなければいけないのだ。明日の予算委員会で、総理や外務・防衛大臣らにその決意と覚悟を質してみたい。

2010年10月12日 15時40分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/603-996d0630



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。