テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名護市議会の決議と意見書
 本日、17時頃、名護市議会で日米合意の撤回と普天間飛行場の辺野古移設に反対する決議と意見書が採択されたとの報に接した。シタイヒャー(やったね)!

 決議と意見書採択は画期的である。名護市民の民意を正しく反映したものであり、多くの県民意志にも合致する。もはや、民主党政権は、名護市議会の決議、意見書を尊重し、5月28日の日米合意を白紙撤回するアメリカとの外交交渉に入るべきである。もはや、辺野古新基地建設は不可能と知るべきだ。

 関連して、10月15日の朝日新聞朝刊に、民主党が沖縄県知事選挙で独自候補擁立を断念と報じている。当然に予測されたことだ。そうなるだろうということをブログにも再三書いてきた。ただ、同記事によると、現職の仲井真知事を側面支援し、仲井真知事が辺野古容認に転ずることを密かに期待しているとも報じられている。

 私もここ数日、某副大臣がすでにそのような動きをしている事を察知した。とんでもない事だ。仮に民主党が自主投票になっても、民主党支持者の大半は、イハ洋一氏を支持・支援するだろう(期待値もあるが・・・)。一方、沖縄タイムスは、民主党県連代表の喜納昌吉氏が立候補に意欲的と報じている。ネタ元は、国民新党下地衆議院議員のテレビでの発言だ。私は、喜納・下地両氏の立候補は無いと断言する。よって、仲井真・イハ両予定候補の一騎打ちだ。

 さて、今夜はこの後、うるま市で伊波氏を応援する「市民ネット」の結成大会がある。そろそろ出かけるか。

2010年10月15日 18時05分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/607-06a52021



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。