テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主県連 山内県議の離党騒動
 昨日、衆議院本会議終了後に、民主党国対委員長室で斎藤勁国対副委員長と会った。主たる用事は国会運営についてであったが、沖縄の県知事選の話題にも及んだ。

 斎藤議員とは同年生まれで1995年7月に参議院当選の同期生である。斎藤氏は、先週都内で開かれたシンポジウムで「個人的にはイハ洋一氏を応援する」と表明していた。昨日の私との話し合いでも、その態度は変わる事はなかった。

 昨日の午後、全糖労からサトウキビに関する要請を受けた。会議終了後に同席した民主党瑞慶覧長敏議員に「いつまで独自候補擁立にこだわるのか。独自候補は無理だろう。早く一緒にイハ洋一を応援しよう。」と伝えた。民主瑞慶覧議員曰く「あと一週間は騒がせて下さい」、私は「んんん。無意味な騒動はいかがなものか」と思ったが深追いを避けた。

 本日の地元二紙は、民主党県議の山内末子氏が離党して、イハ洋一氏を応援すると表明したと報じている。山内氏は「辺野古移設に一貫して反対しているイハ氏が県連の立場に近い」と語っているようだ。山内氏のイハ洋一応援は大歓迎だ。離党届は、知事選終了まで保留、本人も県議会の会派は従来通りと表明しているので、本気度は試されるが、大同団結して県知事選に臨みたい。

 民主党中央に望むのは、早めに態度を決めてもらいたいということ。そして、自公の推す現職ではなく、イハ洋一氏を応援してもらいたい。最低限、イハ洋一氏を応援する同等市町村議らを恫喝しないでもらいたい。良識ある民主党の仲間よ、沖縄の未来を拓くために、いざ共に。

2010年10月20日 11時02分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/611-2809f55d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。