テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下地・喜納の知事選挙合意を批判する
 民主党県連代表の喜納昌吉と下地幹郎国民新党幹事長らの昨夜の会談情報は、マスコミ各社から聞いていた。会談結果の内容についてもマスコミ数社から入手した。知事選挙に誰を擁立するかについては他党の事に干渉するつもりは全くない。
 ただ、会談において普天間飛行場の移設問題に関し、「日米合意を尊重し、再検証して深化させる」との考え方で一致した、との方針については強く批判せざるを得ない。

 下地・喜納の両氏は、前記政策の一致で知事選に下地氏か喜納氏のどちらかを擁立することで合意した、とも地元紙は報じている。
 先ず、ご両人の普天間移設についての政策合意だが、一体、5月28日の日米合意の内容をどう、何を「再検証して深化させる」のか、全く不明で、理解不能だ。
 「日米合意を尊重し」という前提は、菅内閣の「日米合意の踏襲」とどう違うのか、結局、日米合意の推進で辺野古新基地建設容認ではないのか。
 一方で民主党県連は、辺野古移設は県民合意が得られず不可能、日米合意の見直しを求めてきたのではないか。これでは民主党県連の県民に対する重大な公約違反、重大な裏切り行為である。重ねて言う。下地・喜納両氏のうちどなたが立候補してもかまわん。だが、民主党県連の重大な政策変更は、県民の猛反発を受けるであろうことを忠告しておく。

2010年10月21日 10時48分
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/612-a2b8f684



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。