テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特捜検察は崩壊した ―この機会に取調べ可視化を―
 最高検察庁が10月21日、大阪地検特捜部の前部長・大坪弘道容疑者と前副部長・佐賀元明容疑者を犯人隠避の罪で大阪地裁に起訴した。まさに日本の検察史上前代未聞の事態である。いや、事件に発展した。

 二人の起訴は、先に逮捕・起訴された大阪特捜部主任検事の前田恒彦被告が故意にフロッピーディスク(FD)の証拠物を改ざんしたことを認識しながら、積極的に隠した容疑である。今のところ、二人は容疑を全面的に否認し、最高検察庁と全面対決する構えである。

 二人の起訴を受けて大林宏検事総長は「前代未聞の事態に至ったことを国民の皆様に深くおわびしたい」「徹底した検証を行い、抜本的な改革案を講じたい」など記者会見している。

 私は、もはや特捜検察は解体的出直しを図らねばいけないと思う。この際、外部の人を入れて徹底的な検証も必要であろう。一連の事件で、わが国の刑事司法の根幹は揺らぎ、検察への信頼は完全に地に墜ちた。

 従来の特捜検察が事件の構図を描き、それに従って事件を作り上げる、そのため密室での取調べで自白を強要する。自白をしない者は長期に保釈を許さない。挙げ句、今回の一連の事件のように重要な証拠物を検察官が改ざんし、組織の中でかばいあう。

 自白を得て起訴できない検事、起訴した事件が無罪になった検事は出世の道を閉ざされる。取調べでは、容疑者の弁解に耳を貸さない。私は、今回の事件を契機に取り調べの可視化ー録画・録音ーを実現すべきだと思う。

 いみじくも、今回犯人隠避の罪で起訴された前特捜部長・副部長が取調べの可視化を求めているのは、皮肉でなく、本音だろう。

 わが国の刑事司法の中で、密室で作られた検察官長所を重視する裁判官の安易な態度も強く批判されなければいけない。私の刑事事件弁護担当の経験に照らしても強く言う。

2010年10月22日 11時40分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/614-92181289



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。