テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


連合沖縄、イハ支持・支援決定
 10月24日の連合沖縄政治センター会議で、11月28日執行の県知事選挙で社民、社大、共産が擁立するイハ洋一氏(前宜野湾市長)の「支持・支援」を全会一致で決定した。恐らく、明日26日の執行委員会で正式決定し、10月28日の定期大会で承認される事は間違いない。
 今回の連合沖縄決定は、「推薦」ではなく「支持・支援」となっている。民主党政権との関わり、連合中央との関係、特に民主党基軸の構成組織が多い中で、「推薦」まではいかないが、構成組織に配慮し、「支持・支援」になったのであろう。連合沖縄の主要組織である自治労沖縄県本部、沖教組、高教組などは「推薦」を強く求めていた。
 「反自民・非共産」の政治路線を執る連合沖縄が労働組合としての社会的責任を自覚し、いろいろな組織事情があったにしろ、イハ氏の「支持・支援」を決定した事は心強い。
 
 私は、ここいらで国民新党の下地議員も民主党県連も第3極の候補擁立や民主党独自候補に拘わらず、イハ氏応援に加わり、自公推薦の現職に挑むべきだと考える。沖縄の民意を尊重し、多数派を結集し、小異を捨てて大同に就き、共に沖縄の未来を拓きたいと願う。
                    14時15分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/616-7c2961fe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。