テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道から逆風が吹く、沖縄からは・・・。
 10月24日投開票の衆議院北海道5区補欠選挙で自民党公認の町村信孝氏が大勝し、民主党(実は社民党、国民新党も推薦)は惨敗した。菅改造内閣にとっては初めての国政選挙で敗北し、民主党政権にとっては大打撃である。

 町村氏は、昨年の総選挙で新人の小林千代美氏(民主)に小選挙区で敗れ、比例で復活当選していた。現職衆議院議員(比例代表)を辞職して、衆議院議員(選挙区)に当選した。国民には分かりにくいが、これが日本の選挙だ。

 時あたかも今週末の補正予算提出と来週からの審議入りが予定されていた。昨日の北海道5区補選の結果は、臨時国会後半の運営に大きな影響を及ぼすだろう。自民党などの野党は、小沢一郎氏の証人喚問要求を強め、補正予算や法案審議の日程で揺さぶり、攻勢を強めるに違いない。当然だ。

 夏の参議院選挙に次いでの惨敗で、菅内閣の求心力は弱まり、支持率も低下するであろう。今度の補選でも「政治とカネ」問題についてのケジメが民主党政権に大きな批判になった。民主党は、さっさと小沢氏の先ずは政倫審における公開の審理を実現すべきである。

 昨日は、北海道から民主党政権へ逆風が吹いた。来月28日の沖縄県知事選挙では、どんな風が吹くだろう。イハ洋一を勝利させ、日米合意と辺野古新基地建設を吹き飛ばす長大型台風級の風を吹かせたい。

2010年10月25日 19時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/617-5cef0b1d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。