テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インターネットの功罪(尖閣ビデオと警視庁文書流出)
 国際社会は急速にインターネット社会化が進展している。私など、インターネットは扱えないので、今や「化石人間」みたいなものだ。インターネット社会は、様々な「情報」が瞬時にして世界中に流れる。従って、「情報」の選択と見極めが問われるし、インターネットを悪用した犯罪や動機不明の「情報流出」にも要注意である。
 
 今朝のテレビ各局は、インターネットの動画サイト「ユーチューブ」に流出した尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオを大々的に報道している。誰が、何の目的で、今の時期に流出せしめたのか、本当に不思議だ。しかも、海上保安庁の幹部の証言によれば、「本物のビデオ」である、というから余計に流出せしめた動機が分からん。

 私は、ビデオの扱いを含めて、尖閣諸島の問題解決は、日中双方が冷静に平和的外交によって解決すべきと考える。今回のビデオ流出が日中間の外交に支障が生じないよう願うばかりである。

 インターネットへの情報流出でいうと、先日の警視庁外事3課の文書(警視庁テロ資料)流出は、ルクセンブルグにある会社のサーバーを経由するなど、かなり手の込んだ悪質な犯罪行為と思われる。ともあれ、インターネット社会の進展は、古典的な犯罪の行為態様と全く違う新種の犯罪が次から次に登場するに違いない。

 インターネットの普及もいいが、そのセキュリティ対策も急務である。この二つのネット流出事件、はたして内部の者による犯行か、それとも外部の者によるサイバー攻撃か、一日も早く真相究明と再発防止策を講ずるべきだ。インターネット社会は、私たち国民のブライバシー保護との関連でも重い課題を提起している。私のような「化石人間」には杞憂か?

2010年11月5日 10時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/627-6d3fad9b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。