テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


県知事選挙、明日投開票
 昨日の夕方、うるま市でのイハ洋一必勝街頭演説会に出た。私の後援会具志川支部、県議の照屋大河後援会、夏の参議院選挙に立候補して惜敗した山シロ博治応援団などが主催した。イハ候補を応援する8名のうるま市議も駆けつけてくれた。
 昨夕は沖縄にしては冷え込みが強い天候だったが、夏の参議院選挙(この頃はうるま市で山シロ候補が当選した自公候補に勝ったのに近い熱気のある街頭演説会となった。市民のイハ候補に期待する思いがビンビン伝わってきた。県知事選挙もいよいよ明日が投開票日である。県民(有権者)の皆さんには政治をあきらめることなく、投票所に足を運び勇気ある一票、沖縄の未来を拓く一票をイハ洋一に投じてもらいたい。
 ある政治学者が「明日の天気は変えられないが、明日の政治は変えられる」と名言を残している。まさにその通りだと思う。
 私は、昨夕のうるま市における街頭演説会で「大接戦、大激戦のうちに三日攻防に入った。誰が当選してもおかしくない終盤情勢である。歴史の主体として、新しい沖縄をイハ洋一と共に作っていこう」と呼びかけた。月並みだが、投票箱のフタが閉まるまで頑張ろう。そのことは選挙の鉄則である。

11時50分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/645-8f87c70e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。