テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失業の嵐の中、年は暮れゆく
 昨日、臨時国会を終え、宿舎で一緒に住んでいる孫2人と共に沖縄に戻った。官公庁は、今日26日が仕事納めだ。私も朝から法律事務と後援会本部(同じ建物の1階と2階)を行き来している。今年最後の無料法律相談や両事務所の資料整理、片付けをやっている。
 届いた夕刊紙によると、派遣社員ら非正規労働者の失業者(今年10月~来年3月までの間に失業が決まっている)が85,012人に達したとのこと。厚生労働省の調査発表だが、実数はそれを上回るかもしれない。高校、大学の来春新卒者の採用内定取消しも769人に達し、11月の調査に比べて約2.3倍に急増している。本当に深刻だ。失業の嵐は、年末から新年にかけても吹き荒れるに違いない。アメリカ発の金融恐慌に伴う雇用対策を取らなかった麻生政権に、今さらながら腹が立つ。
 中小零細企業、町工場の倒産も深刻だ。沖縄でも建設関連業を中心に、どの業種も不況に苦しんでいる。もはや、「定額給付金」のバラマキ程度では、景気対策になりやしない。そもそも、国民の納めた税金を恩着せがましくバラマクのは、政策でも政治でもない。一方で、派遣切りや労働者救済の動きも、自治体や企業に出てきた。そのこと自体は評価もしたい。その上で緊急かつ強力な政府の施策展開があって欲しいものだ。
 正月の縁起物「福笹」作りも各神社で始まったとニュースは報じている。雇用不安、生活不安、将来不安の解消は、決して”神頼み”であってはいけない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/65-da612bd2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。