テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党はどうなる、国会はどう動く。
 今日(12月20日)行われた菅総理と民主党の小沢一郎元代表間の政倫審出席問題を巡る会談は、決裂したようだ。

 今日は、地元沖縄におり、マスコミやネット報道でしか知らないが、菅総理が政倫審への出席を求めたのに対し、小沢氏は「出席する必要はない」と拒否したようだ。(小沢の知恵袋である元参議院議員平野貞夫氏は、お昼のテレビ番組で政倫審の手続き上“拒否”という表現は誤っている、と批判していた。)

 この事態を受けて民主党は、どうする。どうなるのか。民主党として、あくまでも政倫審での出席を求め、議決するのか、議決して小沢氏が出席を拒否した場合、離党勧告等の処分手続きに入るのか、全く不明である。同時に小沢氏を支援する側近グループが反発し、両院議員総会における執行部の責任追及や集団離党になるのか、予測がつかん。

 私は、余程のことがない限り、党を割るような事態には発展しないだろうと思う。だが、政治の世界、「一寸先は闇」である。はたして、政界再編の予兆かはたまた「コップの中の嵐」ならぬ「ドンブリ(巨大与党)の中のお家騒動」で終わるのか。弱小政党の一員としては、無責任かも知れないが「高見の見物」といくか。

 私たち社民党は、小沢氏の公開の政倫審出席を求めてきた(他の野党は証人喚問の要求)。さて、小沢氏の政倫審出席拒否で国会はどう動いていくのか。来月1月中旬召集の通常国会が注目される。年末から年始にかけて国会は激動となりそうだ。

2010年12月20日 16時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/664-16569daf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。