テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


100年に一度の危機・・・原因は政治災害か

 世界的同時不況と言い切っても良いのだろう。アメリカ発の金融危機は、日本社会をも深刻な不況に追い込み、多くの国民が喘いでいる。苦しんでいる。深刻さは「100年に一度の危機」という言葉に表れている。この100年に一度の危機に直面し、政治、経済、社会のあらゆる制度が軋み、崩壊の兆しが見られる。



院内集会090105派遣村01
「年越し派遣村」の湯浅誠村長による訴え


 第171回通常国会は、今日召集された。異例の「松の内国会」である。現在の衆議院議員の任期は9月10日までなので、今年は確実に解散・総選挙も実施される。いよいよ政権交代を懸けた政治決戦がやって来る。
 麻生総理は、1月4日の年頭記者会見で「まずは第二次補正予算、来年度予算と予算関連法案を早急に成立させる。それまで解散を考えることはありません」と述べ、当面の解散権を封印している。果たして麻生総理の思惑どおりに展開するだろうか?政治の世界は一寸先が闇だ。解散・総選挙で主権者たる国民の審判を受ける--このごく当たり前のことを避けて来た自公与党と麻生総理に、賢明なる国民は厳しい審判を下すに違いない。
 通常国会冒頭の今日、「年越し派遣村」からの国会請願と院内集会があった。年越し派遣村は「派遣切り」などで仕事と住まいを失った人たちに寝場所と食事を提供する目的で、日比谷公園内に昨年12月31日開村された。開村からわずか5日間で500人が入村登録したというから驚きだ。その年越し派遣村も仕事始めの今日5日、朝食を最後に活動を終えている。
 年越し派遣村の様子は、年末年始のテレビで放映された。経済大国日本の貧困問題と派遣村入村登録者達を支えるボランティアの温かい支援が、連日にわたって報道された。今日の院内集会では、各党代表から緊急な雇用対策と政府と政治による実効ある救援策の必要性が声高に叫ばれていた。社民党の福島党首は「政治災害であり、雇用災害だ」といった主旨の挨拶を行った。



院内集会080105派遣村
湯浅村長の話に耳を傾けるテルヤ、山内両議員



 そう、100年に一度の危機、その原因は政治災害なのだ。昨年末以来、政界を騒がせている自民との渡辺喜美元行革担当大臣は、昨日も麻生総理に早期の解散・総選挙と定額給付金の撤回などを要求、認められなければ離党すると決意を述べている。
 おもしろくなってきた。渡辺氏は、「選挙結果を受けて100年に一度の政治体制をつくってほしい」とも述べており、いよいよ100年に一度の大波乱の国会に遭遇できるかもしれない。



runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/67-5d43ae18



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。