テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3249万円のクロマグロと危険なウチナーのマグロ漁業
 新聞記事を見てわが眼を疑った。いや、眼が点になったと言うべきか。見出しに「マグロ最高値 1本3249万円」とある。桁違いではないだろうかと読み返した。
 東京・築地市場の「初競り」で北海道戸井産342㌔のクロマグロが1本3249万円で競り落とされた。342㌔という重量にもビックリだが、いくら肉質が良いとはいえ、建売住宅一棟並みの競り値とは「驚き、桃の木、山椒の木」である。 
 一方で、ウチナーの海人(ウミンチュ)達のマグロ船、ソデイカ船に危険が迫っている。
 米海軍が1月5日~15日までの間、日本政府に直接通知することなく、沖縄本島周辺の訓練区域外の海域で爆撃訓練を実施する計画が判明した。
 私も一連の情報を昨日昼に知り、漁民らの生命・身体の安全を強く心配していた。最終的には、1月5日夜になって米軍から外務省宛に当初計画の変更通知がなされたようだが、漁業関係者の心労や怒りは当然である。
 沖縄本島周辺の海には多くの提供水域(訓練区域)が設定されている。それだけでも海人(ウミンチュ)達の豊かな漁業は大きく制限されている。そのうえ訓練区域外にまで及んで爆撃訓練を強行するなど、いかなる理由があろうとも許されない。
 沖縄本島南東側の米軍訓練水域周辺海域は、マグロやソデイカの好漁場で、しかも1~2月が漁のピークだといわれる。日米同盟深化の名の下にウチナーの陸も空も海も危険にさらされている。米軍の傍若無人のふるまいとそれを見て見ぬふりの日本政府には腹がたつ。
 1本3249万円の北海道産クロマグロ、安心で安全な操業すら保証されないウチナーのマグロ漁業。嗚呼(あぁ)・・・

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/678-31035c83



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。