テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党岡田幹事長の言い訳
 1月9日、就任後初めて民主党の岡田幹事長が来県した。昨年いらい民主党政権幹部や党幹部が沖縄詣でを繰り返している。私は、その要職の立場から沖縄の声に耳を傾け、沖縄の実態をつぶさに知る事は大いに結構な事だと思う。何しろ本土の大手マスコミは日常的に沖縄問題をほとんど報道しないからである。
 だが、沖縄詣での意図が日米合意の実行による普天間飛行場の辺野古移設実現にあるのであれば百日通ってもムダだと言いたい。岡田幹事長は、自ら外務大臣として普天間飛行場問題に関わった経験に照らし、「普天間の危険性を除去するためには、日米合意しかなかった。本当に申し訳ないが、そういう答えしかなかった」と陳謝し、その上で、名護市辺野古移設を明記した日米合意の履行を重視する姿勢を強調したようだ。(1月10日付 沖縄タイムス・琉球新報)

 私は直言する。岡田幹事長、それは言い訳です。誤魔化しであり、強弁にすぎません。
 当時、外務大臣として岡田幹事長が真剣に「県外・国外移設」を模索したとは思えない。嘉手納統合案を推進するなど米軍基地の沖縄への押しつけ、「県内移設」を積極的に推進していたではないか。社民党も加わっての三党連立政権結成前後を通じて、外務大臣としての岡田幹事長が沖縄の基地問題解決の為、主体的に日米交渉に努力を尽くした、との評価は沖縄にはない。

 私は、岡田幹事長の今回の来県で、NPO法人「珊瑚舎スコーレ」を訪問し、「ガマフヤー」の遺骨収集現場に足を運んだことは評価する。(先日のブログ参照)いずれも沖縄の戦後処理問題である。民主党本部と県連間の「沖縄協議会」の運びについては他党の事であり一切言及しない。

 岡田幹事長に言いたい事は、言い訳や誤魔化しをやめ、もはや普天間飛行場の辺野古移設は不可能である事を直視して、政府が一体となって「県外・国外移設」に真剣に取り組むべし、と。

1月10日 11時40分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/681-98ac08cf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。