テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TPP反対の大義と沖縄県の農業
 先週、「TPP反対の大義」(農文強)を読んだ。一読してTPP(環太平洋連携協定)の多くの問題点を知る事が出来た。TPPが日本の農業ばかりでなく、多方面に悪影響を及ぼし、日本の「国の姿」を変えるものだという事が良くわかった。改めて菅内閣のTPP参加交渉反対の意思を強く、明確にもつことができた。
 私は、貧農(ヒンスー ハルサー)の三男坊である。亡き父母とともにサトウキビ生産、養豚などに幼少の頃から従事した。いや、生産に従事したというより“お手伝い”であり、家族としての参加であった。おかげで、農家・農民の苦しみも喜びも共感した。沖縄を含む日本における農業、畜産業、林業、水産業と関連産業が果たす役割も身をもってわかっているつもりである。

 昨日、沖縄で「TPP交渉への参加に反対する県民大会」が開催された。この日、沖縄は旧正月前の「正月寒さ(ソーグヮチ ビーサ)」で風が強く、時折小雨が降り、ブルブルふるえるぐらい寒かった。大会には、主催者発表で5,400人が結集した。結集した県民は、みな真剣に主催者や連帯の発言に聞き入っていた。

 沖縄県農林水産部によると、TPP参加によって沖縄の農業関連で1420億円の影響が出ると試算されている。私は、基幹作物であるサトウキビやパイナップルなどは「壊滅的打撃」を受けるだろうと予測する。離島県沖縄の、特に離島社会は深刻な影響を受ける。農業がダメになれば、沖縄の伝統文化、芸能、工芸などもダメになってしまうだろう。

 菅内閣は、TPP参加交渉に前のめりになり、参加態度を「6月までに決める」と表明している。はたして菅内閣にTPP反対の大義は伝わるのだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/698-8988bfff



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。