テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エジプトの大規模反政府デモと民主党内の争い
 エジプトのムバラク大統領の退陣を求める野党勢力の大規模な反政府デモの行方から目が離せない。エジプトには1度だけ国会の視察で出かけたことがあるが、マスコミ報道以上のエジプトに対する知識も情報を分析する能力もない。

 一連の反政府デモを主導するのは「4月6日運動」グループのようだが、無期限のゼネストや2月1日に100万人規模のデモ行進を実施する、と宣言しているようであり、ムバラク大統領退陣まで発展するのか注目したい。
 一方、わが日本は、小沢一郎元民主党代表の強制起訴(1月31日)で国民的騒動というか、民主党内の権力争いが波紋を拡げている。小沢一郎元民主党代表の強制起訴は、検察審査会の二度にわたる起訴議決を受けてのものであり、通常の検察官による起訴とは違う。もちろん、強制起訴の場合も通常の刑事裁判と同様の手続きで進められる。よって、現段階では「推定無罪の原則」が働くし、むしろ一連の報道に照らすと無罪になる可能性が高いと判断する(特段に小沢氏を庇い立てするつもりは毛頭ない)。

 小沢氏も強制起訴後の記者会見で「民主党離党も議員辞職も」強く否定している。一方の民主党執行部は、何らかの処分(離党勧告、党員権停止)方針をちらつかせるが腰が定まらない。国会における小沢氏の説明責任にしても民主党は議決をしてでも政倫審出席を求めると言いながらその実行を先送りした。社民党は現在の政倫審の不備や問題点を指摘した上で、公開による政倫審出席を求めてきた。証人喚問問題にしても、民主党が態度を決めない限り実現は不可能だ。菅総理も指導力を発揮する気配すらない。

 いずれにしろ、小沢一郎元民主党代表の強制起訴による裁判結果は、今起こっているエジプトの反政府デモ同様に権力を揺るがす大問題となろう。最後は民意が審判を下す。

2011年2月1日 15時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/700-eb30f2b7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。