テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅総理と北沢大臣の“暴言”と“妄言”
 2月3日の衆議院予算委員会で菅総理を中心に官僚らに質問した事については、先にブログを書いた。私は、限られた質問時間を有効に活用して、総理の施政方針演説、すなわち政権運営の大方針と沖縄問題との関わりに論点を絞って質したが、総理や関係大臣からは十分な答弁が得られなかった。まだまだ予算委員会は続くので再度追求するつもりである。
 ところで、2月3日の私の質問に対する菅総理や北沢防衛大臣の答弁は、“暴言”“妄言”の類であり、要するに沖縄を軽視、もしくは無視する「筋違い」答弁に終始している。

 先ず、菅総理は「何が何でも日米合意に基づく普天間飛行場の辺野古移設を強行するのか?」と質したのに対し、

【菅総理】・・・「(中略)・・・特に普天間は、もうよくよくご承知のとおり、人口密集地域にある基地でありまして、その危険性を除去するということでいえば、少なくとも比較という意味でいえば、辺野古は人口密集地域ではありませんので、そういう危険性が軽減することにもつながる。」と答えている。

 まさに菅総理の“妄言”だ。政治の使命は少人数たりとはいえ、軍事基地の具体的危険から生命・身体の安全を守ることだ。菅総理の論理でいくと、ヤマトに比べてウチナーは人口密集県ではない。危険な米軍基地は、辺境のウチナーへ押しつけろという論理だ。到底承服出来ない。

 次に、私が来年度予算に計上されている辺野古移設のためのアセス費9億円、キャンプ・シュワーブ兵舎等移転関連工事費7億円、高江ヘリパッド新設工事費1億3千万円、沖縄防衛局名護防衛事務所設置費8千5百万円を全面削除する覚悟があるか?と質したのに対し、北沢防衛大臣が次のように答えている。

【北沢大臣】・・・「お話のあった名護の事務所は新しいものであります。それ以外は継続予算である。昨年は社民党の皆さんにもご理解をいただきご賛同いただいた。辺野古の代替施設の本体工事予算ではない。」

 北沢大臣の答弁は、二重の誤魔化しだ。一昨年末(今年度予算に)たしかに社民党は賛成した。それは、3党連立政権であり、しかも鳩山前総理が「普天間飛行場は辺野古以外に移す」「国外、最低でも県外」と約束(公約)したからである。その公約を反故にし、挙げ句、福島党首を罷免し、日米合意のみで辺野古移設を決めてしまったのだ。継続予算(一部は新規予算と認めた)とはいえ、辺野古移設を前提とした予算であり、そのための予算である。

 それに、一昨年までは仲井真知事や県内の自民党・公明党は辺野古移設容認であった。それが「県外移設」へと変わった。名護市長、名護市議会も変わった。沖縄の県民が変わったのだ。私も福島党首も「もはや辺野古移設は不可能になった」と考えている。絶対にやってはいけない予算、不可能になった予算を継続予算だから決めてくれと言うのは虫が良すぎる。ダメなものはダメ。

 私は、辺野古関連予算を全面削除しない限り予算にも、予算関連法案にも賛成しない。それが2009年の解散総選挙での有権者との公約だ。当選した私以外の3名の衆議院議員も同じ公約であった。

 政治家は自ら公約に反してはならん。政治信念を曲げてはいかん。

2月5日 15時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/703-00a2126f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。