テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風雲急を告げる菅総理退陣要求
 一昨日、昨日と2日間連続で書いた鳩山前総理の「抑止力は方便」発言批判のブログに予期せぬ数のアクセスがあった。特に、昨日は15,940件のアクセスがあり、全国的な関心の高さがよくわかった。沖縄選出の田舎政治家である私のブログは、一ヶ月平均5,000件くらいのアクセスであるが、昨日だけで3ヶ月分以上のアクセスがあったことになる。
 
 昨日のブログでは、予算委員会で各党委員から鳩山前総理の「抑止力は方便」発言の追及があったことについて触れた。私は、予算委員会で「福島大臣が方便で罷免されたことが明らかになった。ひどい、くやしい」と言った。当の本人、福島みずほ党首も同じ思い(心境)だろう。ひいては、社民党が3党連立政権を離脱した日米合意と閣議決定が方便であった、となると、小さな政党とはいえ公党を侮辱し、二重、三重に沖縄県民と社民党を裏切ったことになる。絶対に許せない。

 実は、昨日の予算委員会質問を終えて会館の部屋に戻る途中に某副大臣から声を掛けられた。
副大臣いはく「照屋先生が言うとおり、福島党首は悔しいでしょうね」
私は「そうだろう。これで社民党は予算案にも予算関連法案にも賛成するわけにはいかなくなったよ」と言い放った。

 今日発売の週刊新潮に「頑固の人『照屋寛徳』社民党国対委員長が菅政権の未来を潰す」と題する記事が掲載されている。営業妨害になってはいけないので詳細な内容には触れない。(このブログを読んで週刊新潮を買う人が多くなると、結果として販売促進に協力したことになるかなー)
 ただ、文中で一点だけ引っかかった。野党担当の記者が「照屋さんは・・・とにかく普天間基地の辺野古移設反対を頑固に主張し続けている」との指摘はそのとおりだ。だが、「そうしなければ・・・次の選挙も覚束なくなるから保身の意味もあるんですがね」との指摘は全く違う。
 私は、2009年8月の選挙公約に忠実に、政治家として自らの政治信念に忠実に生き抜く決意を”頑固”に固めているだけである。現に、同じ文中で政治評論家の浅川博忠氏が「照屋さんの主張は筋が通っている」と語っているのだ。

 今日の夕刊各紙は、小沢系の民主党議員16人(全員が比例単独選出)が「民主党政権交代に責任を持つ会」を立ち上げ、岡田幹事長宛に衆議院会派「民主党・無所属クラブ」の離脱届を提出した、と報じている。私も、同会が発出した「約束を果たす民主党への回帰宣言」を手に入れて一読した。
 果たして、この16人の会派設立が菅総理の退陣を求める造反の動きなのか、詳細はよく知らない。だが、民主党内の造反劇とはいえ、予算委員会の最中でもあり、鳩山前総理の「方便」発言とも重なり、政局は風雲急を告げてきたのは間違いない。政局もさることながら政策的にも、菅内閣は新自由主義の政治に回帰してしまった、というのが、私の批判である。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/715-ee30b332



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。