テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山前総理の「方便」発言の釈明は放言
 鳩山前総理が集中砲火の批判を受けている「抑止力は方便」発言について、釈明に追われている。ところが、その釈明もまさに「放言」の類いで、強く批判せざるを得ない。鳩山前総理は、北海道伊達市内の後援会会合で「抑止力は方便」発言について、「方便とは、真理に導くための手段のことだ。真理とは、すなわち辺野古移設で、そこに導くための手段として『抑止力』と言った」と釈明している。

 手元の辞書によると、「真理」とは(1)正しい道理、(2)その物事に関して、例外なくあてはまり、それ以外には考えられないとされる知識・判断とある。

 鳩山前総理よ、どうして普天間飛行場を辺野古に移設するのが「真理」なんですか。「辺野古移設」がそれ以外には考えられないとする判断根拠をあなたは沖縄県民に示し、理解を得るべきではなかったんでしょうか。それができずに、あなたは抑止力を「方便」として使った、と正直に語ったんではないんですか。

 それにあなた自身が普天間飛行場の移設先を「国外、最低でも県外」と公約しながら、辺野古移設以外の移設先を真剣に、政治主導で決められずに、安易に辺野古回帰を決めたんでしょう。

 もちろん、外務、防衛官僚があなたの決断を邪魔し、妨害し、非協力的態度に終始していた、とあなたは告白されました。鳩山内閣の閣僚達も非協力的だったようですね。ともあれ、私には、辺野古移設が「真理」とは思えません。圧倒的多くの沖縄県民もそうでしょう。私には、沖縄の民意にこそ「真理」があるのであって、あなたの釈明によると、まるで沖縄県民が「真理」に背いているみたいです。私は、鳩山前総理の釈明を「無責任な発言」と断じ、放言だと批判します。

 鳩山前総理は、「私の考え方は正しいと思っているが、正しくないなら、いろいろお聞かせ願いたい」とも語ったようだ。予算委員会では、社民、自民、公明、共産の4党が参考人招致を求めている。是非、国会において「方便」発言や釈明について、じっくりとご説明願いたい。

2010年2月21日 15時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/719-22b0805e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。