テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政治家の比喩、皮肉、揶揄について
 比喩とは、説明や記述の内容を印象強く(分かりやすく)するために、適当な類例や形容詞を用いること。たとえ。

 皮肉とは、<相手を非難・批評する気持ちで>事実と反対の事を言ったりして、意地悪く、遠回しに相手の弱点などをつくこと。

 揶揄(やゆ)とは、皮肉を言ってからかうことの漢語的表現。

 永田町の政治家には、比喩、皮肉、揶揄的表現がついつい唸る程、上手い人がいる。それは、時に「寸鉄人を刺す」。昨日、小沢民主党元代表に近い、松木謙公農林水産政務官が辞任した。先の民主党議員16人の会派離党騒動が収まらない中、政権内部から崩壊の兆しが出てきた。松木政務官の辞任が、政局にどう影響するかは予測不能である。民主党と菅政権の内部で「何かが」蠢いていることは確かである。

 松木政務官の辞任に対し、自民党の石原幹事長が「菅内閣の大崩落、山が崩れる予兆ではないか。」と論評している。私が、一瞬唸ったのは、公明党山口代表が「『松木(まつき)現象』ならぬ『末期(まっき)症状』を呈し始めた」と皮肉ったことである。

 わが福島党首も「寸鉄人を刺す」ような、比喩、皮肉、揶揄を飛ばして欲しいものだ。もちろん、単なるヤジ、人格攻撃的な下品な比喩、皮肉、揶揄などはもってのほかである。

2011年2月25日 13時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/722-b21e3fd6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。