テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍ヘリパッド工事現場から
 今朝5時30分に起床し、東村高江の米軍ヘリパッド工事現場に駆け付けた。今朝早くに出かけたのには理由がある。午前10時から基地内に持ち込んだ工事用重機を搬出し、いったん工事を中断して引き揚げるというので、住民運動の皆さんと一緒に監視するのが目的であった。

 重機は、工事元請け会社の作業員、沖縄防衛局員らによって、10時から12時の間に運び出された。重機のほかに、現場事務所(移動式仮設)、簡易トイレ、散水車、土嚢等が運び出されるのを現認した。

 防衛局が工事を中断したのは、3月から6月までは、天然記念物であるノグチゲラの営巣期となり、騒音を発する重機等の工事を中断したもので、ヘリパッド工事を断念したものではない。
 久しぶりに訪れる「ヤンバルの森」、東村高江の集落は、豊かな自然の宝庫であるとの実感を強くした。先にブログでも書いたが「ヤンバルの森」は世界的に貴重な生物多様性に富み、希少種の生物が数多く生きている。

 防衛省が工事を強行せんとする米軍ヘリパッドは、東村高江の集落を取り囲むように6カ所造られようとしている。ヘリパッド完成後は、オスプレイも配備が予定されている。私は、駆け付けた県内外の支援者に「工事中断ではなく、工事中止まで闘っていこう。」と集会で呼びかけた。

 私が、今朝早くから急遽駆け付けたもう一つの理由がある。今週月曜日頃から、東京サイドで「ヘリパッド工事阻止の闘争の先頭に立つA氏を県警が逮捕するらしい」と秘書から耳打ちされた。A氏は、情熱家で理性的行動をする人だ。とても、故意に事件を惹起する人ではない。さては、防衛省と県警がグルになって、事件をでっち上げ、住民運動を潰す為にA氏をターゲットにしたな、と直感した。

 今朝、高江の現場でA氏に会い、噂に聞くトラブル現場を検証した。その結果、結論として、A氏が故意に暴行、脅迫を働いたり、威力を用いて業務を妨害したものではない、との確信を得た。

 疑われている当日の天候(土面がぬかるんでいた)、攻防現場(斜面で、むしろ防衛局職員、工事人らが不法に森林を荒らして土嚢等を持ち込んでいた)の状況等から、「はずみで自分で転んだ」のをA氏のせいにしている事が分かった。もちろん、いつの時代も警察権力は、勝手に事件をでっち上げ弾圧する。今回も、沖縄防衛局が実績作りを急ぎ、防衛本省と相談なく、県警に逮捕を働きかけているフシがある。そんなデタラメを菅内閣でやったら、ただでさえ内部から自壊作用を起こしているのに、ヘリパッド建設阻止闘争が全国はおろか、国際社会に拡大するであろう。

 もし、耳にする噂が本当であれば、防衛省と県警は、米軍支配時代から今日まで、防衛省が逮捕者を出してまで米軍基地建設工事を強行した事がなかった歴史を思い出し、ただちに弾圧工作をやめるべきである。A氏の不当弾圧を恐れぬ心意気を確認し、自宅へ戻った。

2011年3月4日 16時40分

高江002

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/727-07ecdb91



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。