テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケビン・メア氏の発言に怒り心頭
 ケビン・メア氏は、米国務省の現職日本部長である。彼は、2006年から2009年までの間、在沖米総領事の任にあった。総領事の頃、幾度となく顔を合わせ、語り合うチャンスがあったが、とにかく傲慢でウチナーンチュを蔑視、差別主義者の権力的な男だった。

 そのメア氏が米大学生を相手に講演した内容が、3月7日付の地元二紙の朝刊で報ぜられている。講演要旨を一読して胸くそ悪くなり、怒り心頭だ。目の前に居れば、ぶん殴ってやりたい、くらいの気持ちになった。

 メア氏の講演要旨を引用する。
 「日本の文化は合意に基づく和の文化だ。・・・しかし、彼らは合意というが、ここでいう合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う」。
 「沖縄の人は、日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」。
 「沖縄の産業は観光だ。農業もあり、ゴーヤーも栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ」。

 メア氏は、「世界一危険」な普天間飛行場を福岡空港や伊丹空港と同列に論じる。反論するのもバカらしいくらいだ。メア氏の沖縄に対する意図的な無理解とそれに基づく発言は、沖縄に対する侮辱であり、差別以外のなにものでもない。占領意識丸出しの軍人的発想だ。

 メア氏は、「学生たちにオフレコで講義した。学生からの二次的な情報をもとに、特定の発言を私の発言とするのは不適切だ」と釈明、弁解する。だが、発言録を作成した学生らは「メア氏は間違いなくこのように言った」「米政府の地位ある人物の偏見に満ちた言葉にとても驚いた」「人種差別的発言と感じた」などと証言しているようだ。

 私は、メア氏の弁解より14人の米学生らの証言を信じる。
 米国務省はメア日本部長を即刻クビにせよ!
 ケビン・メアよ、ウチナーンチュに謝れ!


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/730-b420ddaf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。