テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


巨大地震・大津波の脅威-政府は緊急援助と支援を-
 3月11日午後2時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード8.8の巨大地震が発生した。マグニチュード8.8は、国内観測史上最大のものだ、と気象庁が発表した。

 巨大地震の発生に伴う大津波が海岸沿いの都市を襲っている。巨大地震と大津波による被害は甚大である。いや、想像を絶する深刻な被害だ。死者、負傷者、行方不明者は1千人を超える、とテレビニュースは伝えている。建物の損壊を含む物的被害、ライフラインの損壊等、現時点では計り知れない。

東京電力福島原発でトラブルも発生し、原子力災害対策特別措置法に基づく初の「原子力緊急事態宣言」も発令された。今は、政府が万全の緊急救助。支援体制を執るよう強く望むものである。この事態で“政治休戦”にして与野党が一致して対応すべきと考える。

地震発生時刻の午後2時46分頃、私は羽田発那覇行きのJAL機内にいた。出発時刻は午後2時30分の予定であったが、10分以上遅れ、滑走路に移り滑走を開始したら、突如機体がガタガタと大きく揺れて滑走を停止した。

結局、JAL機内で約4時間待機させられた。地震後の安全点検、飛行機を降りる客が生じる等の混乱があった。その間、関係者との携帯電話も不通、メールもダメ、詳細な情報が入らずイライラした。

無事に那覇空港へ到着し、帰宅後今朝も早くから被害状況を伝えるテレビニュースに見入っている。
「地震列島日本」という概念はあったが、これ程の巨大地震と大津波の前に改めて自然の猛威に恐れ慄く。

私や社民党は、「脱原発」を一貫して主張しているが、今度の巨大地震を契機に政府の原子力政策も見直すべきである。同時に、災害に強い国づくりを政治の大きな課題とすべきだ。

最後に、巨大地震と大津波被災者に心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 
 3月12日11時44分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/735-d65f10b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。