テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


谷垣自民党総裁への入閣要請に驚き
 現段階ではテレビやラジオのニュースに接した複数の人からの伝聞と中央紙の電子ニュースからの情報の限りである。従って、その限りの情報でブログを書いている。

 読売新聞ニュースによると菅総理周辺が自民党総裁の谷垣氏に入閣を要請し、拒否された、と伝えている。別のニュースでは、谷垣氏に副総裁兼震災復興担当大臣としての入閣要請をしたところ、谷垣氏は「入閣は一切考えてない。打診もない。」と記者団に明言したと報じている。(アサヒ・ドットコム)
 政府・民主党が自民党の大島理森副総裁に、震災担当大臣への起用を打診した、と報ずる新聞もある(産経新聞)
 自民党からは、閣僚を増やすことには反対しないが、菅政権の震災対応が後手に回っているため、「入閣要請は責任転嫁」との声も挙がっている。

 私ども社民党も、国難とも思われる大震災被害に対応すべく、震災担当大臣の新設を強く要求している。しかし、その要求は先ず与党がしっかり体制をつくり、震災に対して迅速的確に対応するための政府機能の強化を訴えているのである。
 震災対策のドサクサで、政策合意抜きに大連立をすべきではない。

 いずれにしても、このニュースについては詳細が判明した段階で論評したい。

3月19日 17時5分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/742-536324e0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。